過日傍らがインターネットブログで紹介していた超音波ハンディーウォッシャーが気になってある。ペットボトルによって一回り可愛い筒式のウォッシャーを、しみの気になる部分にあててなぞるようにスライドさせるって、超音波の力でスッキリと綺麗になるというものです。こちらは白い衣料が好きで、連日それほど上着には白を選ぶことが多いです。それでも白い衣料は洗濯機会でちゃんと洗っても、シャツの襟見回りやそでの部分のしみが落ちにくいですよね。脱ぎ着する時についたファンデーションなども減らすのが大変です。手洗い始めるにも何度もゴシゴシこすって落ちないということもあります。こういうウォッシャーのプロパティは、超音波のバイブレーションでしみを弾き移すというところにあります。洗濯機会や手洗いは汚れを落とす業務そのものが違うということですね。その才能はかなり強力ようで、傍らが綺麗にしたいとしていたものはどれも汚れ落としに成功したそうです。癒面が細身であるため、これまで洗濯し切れなかった芯の入った帽子のしみなども取り除けるようです。最近になってデータベースホームページの論説などでも紹介されるようになり、再び人気が強まってある。後で温かくなるにつれて汗をかき易くなることもあり、今から手に入れてその真骨頂を試してみたいと考えています。